MENU

管理人トコのバストアップ成功までの道のりとプロフ

こんにちは!当サイト「バストコーデ」の
このページを閲覧下さりありがとうございます。
管理人のトコです。

 

ココでは、私のプロフィールといいますか、
バストアップに成功するまでの苦悩の道のりを
少しお話しさせていただいてます。

 

バストアップを今から始めたいと思っている方には
参考になる部分もあるかもしれません^^
最後までおつきあいいただけるとうれしいです♪

 

さて、管理人トコの過去ですが、
ホントに、辛い日々を過ごしてきました。

 

胸がなかなか育たなかった学生時代・・・。

 

管理人テコも小学校4年生くらいの時に
バストの変化は感じました。

 

ただその時は、乳頭にしこりができた感覚だったので、
「乳がん」になったと思い、
毎晩一人でベッドの中で泣いてました。

 

母に「お母さんごめん、乳がんかもしれない」と
謝った覚えがあります。

 

4年生で乳がんなんて、なぜ知っていたのか分かりません。
体育か保健かの授業で習ったのかもしれません。

 

でも、その時母に「大丈夫よ、胸の成長なんじゃない?」と言われて、
半信半疑ながらも少しホッとしました。

 

その時からバストってどんどん成長するんだと思いきや、
全く違ってました。

 

私自身、食べ物の好き嫌いが多く、
今考えるとバストの成長に必要な食事が
全然できてませんでした。

 

おかしやインスタント食品ばかり食べてた記憶が・・・。

 

そのせいもあってか、なかなかバストの成長はなかったです。
しかも、初経が来たのも中学2年の夏と、かなり遅めでした。

 

ご飯が食べられなかった理由としては、
部活が忙しすぎたり、恋愛をしてドキドキの気持ちから
食事がのどを通らないといった日が続いたことですが、
やっぱり食事ってバストにとって重要だったのだと今更思います。

 

やっと胸が少し膨らんできて、
「ようやく私もあこがれのバストになれそう!」
と期待してたものの、その成長は一瞬でとまりました。

 

高校になってもバストは大きくならず、
大学生になっても大きくならず、
結局、中学2年の時に少し膨らんだだけで、
私のバストの成長は止まりました。

 

 

高校にもなると、バストの大きい子は、
ホントにグラマーで男子にも注目されてましたし、
同じ女子としてもうらやましい限りでした。

 

一応高校にもなってスポーツブラではよくないよ、と
友達に言われて、初めてブラジャーをしたときも、
「こんなに小さいのに着ける意味あるの?」と
合わないブラをしてました。

 

ワイヤーが食い込んで痛かったですし・・・。

 

 

彼氏ができても、バストのコンプレックスが強く、
スキンシップもできなかったし、
大学になってもさらに彼との夜デートは苦痛の日々。

 

バストがないという辛さが日常生活の
大きなストレスになってました。

 

だから、最初のページで少しお話ししたように、
雑誌の裏に載ってるバストアップ法を
色々試しました。

 

でも、なかなか大きくなりませんでしたけどね。
失敗ばかりで・・・。

 

 

だから、バストについて色々勉強もしました。
今の様にインターネットで手軽に調べられる
時代じゃなかったので、本や雑誌を読んだりして。

 

そういう雑誌の裏に載ってる商品って、
当時はいかにも怪しい感じでしたし、
実践者の声や口コミも載ってなかったので、
信じて試すまでにも時間がかかりました。

 

ネットですぐに注文もできませんでしたしね。
ドキドキしながら、電話注文してました。

 

なかなかバストアップは結果もでなかったので、
やっぱり豊胸手術を受けるしかないの?
豊胸手術は怖いし嫌だな、でもこのまま貧乳なのももっといやだな、
と思ってました。

 

でも、ようやくバストの変化を
感じることができた方法を見つけました。

 

管理人トコの場合は、
栄養バランスの悪さからあるものが
足りなかったのでしょう。

 

そこからさらに頑張って、
バストは「2カップ半」以上大きくなりました。

 

確か、半年くらいの期間で変化していったと思います。

 

 

自分でもビックリしますが、
バストアップに成功し始めてから
コンパでいい感じの人と出会い、どんどん関係が進展して、
しばらくできなかった彼氏ができました。

 

思い返すと、バストアップができたことで、
かなり自分への自信が復活して、
誘われたコンパなどでも、少し積極的になれました。

 

 

 

今は、その時の彼と結婚・出産もして、
またバストの大きさや形に課題が出てきたので、
理想のバストを目指して頑張っているところですが・・・。

 

バストアップができたから、
自分に自信がもてて、その後の人生まで変わっていった
管理人のトコでした^^

 

 

 

そうはいっても、本当に長い道のりでしたし、
現在進行形でバストのケアを頑張ってます。

 

バストはすぐに変化するものじゃないし、
普段の生活スタイルでかなり変貌してしまうものです。

 

だからこそ「胸にとって大事なこと」をちゃんと知って、
自分に必要なバストアップ法を見つけることが
大切だったのです。

 

 

当「バストコーデ」では、バストアップして、
理想の大きさ、形のバストを手に入れたい方と共に
一緒に美胸を目指していくことを目的として
立ち上げています。

 

自分のコンプレックスを解消すると共に、
今困っているあなたの辛い悩み解決のお役に立てれば
幸いだなと思ってます。

 

★ーーーーーーーーーーーーーーー★

管理人トコのプロフィール

 

年齢  アラフォー
好きな食べ物  肉団子
好きなおやつ  ポン・デ・リング・炭酸せんべい
好きなスポーツ  ダンスや卓球
はまってるドラマ  「下克上受験」・「嘘の戦争」
好きな色  赤に近い優しいピンク

 

理想のバストの女性  「真木よう子」
 トコ的に、ロケット型のバストはあまり希望せず、
 お椀型で、ちゃんとデコルテからバスト上部にかけて
 膨らみがあるような形と大きさが理想。

 

 ちなみ「真木よう子」さんは、顔もスタイルも、
 雰囲気も理想的。女性目線でそう思う。

 

管理人トコのスタイル歴

 

・小中高校時代は、痩せてる
・大学時代は激太り・顔もパンパン
・徐々にダイエットもして、産後の現在は痩せ型

 

大学卒から結婚までの間に
「2カップ半以上」のバストアップに成功したものの、
産後の現在は、またバストアップと美胸に向けて
ケアを開始。

 

子育てと両立しながら続けられる物や
体に負担のない方法を常に模索している。

 

昔以上に色々なバストアップ商品や
美胸に関わるアイテムを試しながら、
日々研究が深まるデータなども調べて
自分のバストアップとバストケアに取りいれている。

 

 

これまでの経験などから
バストアップの妨げになるものも色々分かってきたので、
それも「バストコーデ」にまとめてまいます♪

 

★ーーーーーーーーーーーーーーー★

「バストコーデ」の由来って?

 

理想のバストに向かって胸をコーディネートするという感覚。

 

バストは遺伝や体質で決まっているもの、という認識ではなく、
自分のケア次第である程度は理想的なものにできる!
私は自分の実践と体験からそう信じてます。

 

だから、「どうせ私なんて・・・」と思わずに、
当サイトにお越し下さったあなたにも
変化を実感してほしいと思います。

 

変化を実感するまでには長い道のりかもしれません。
でも、その道のりが少しでも短くなり、
楽しい気持ちで歩めるとイイですよね♪

 

バストコーデの管理人トコは
その道のりが少しでも明るくなるように
お手伝いさせていただければと思っております。

 

 

私自身も産後に崩れた体形を取り戻すべく励んでます。
大切なことをこのサイトで確認しながら
共に一歩ずつ進んでいきましょうね^^


スポンサードリンク