MENU

ホルモンバランスの状態を自分で調べるにはやっぱりこの方法!

■生理がおかしい…ホルモンバランス乱れ気味?

ホルモンバランス

 

バストアップしたい女性の場合、「ホルモンバランス」が
正常であることも、重要なポイントとなります。

 

ところが、最近はストレスやダイエットによる栄養不足などから、
ホルモン分泌が狂い、バランスが崩れている若い女性も非常に多いです。

 

また、更年期ではないけれど、更年期のような症状がひどく出たり、
月経前症候群PMSの症状がきつく、苦しんでいる女性も多いですよね。

 

 


このような、「ホルモンバランスが乱れている状態」では、
思うようにバストアップはできません。

 

バストは、女性ホルモンのエストロゲンと、プロゲステロンの力が
どちらも必要で、バランスが保たれていなければ、
その力が十分に発揮されないからです。

 

なぜなら、例えば、エストロゲンが強すぎる場合だと、
エストロゲン過多の不快症状が色々でてしまうからですね。

 

 

自分のホルモンバランスを調べる方法は、これが一番手軽♪

 

『基礎体温を測る事』

ホルモンバランス

 

1ヶ月〜3カ月くらいは測定し、自分の『ホルモン周期』を知ることは、
バストアップをするうえでも、体調管理をするうえでも、
妊娠を望む場合でも重要ですから。

 

 

基礎体温は、毎朝、目が覚めたらすぐにはかることが望ましいです。
起き上がる前に、婦人体温計で測る!!
これを毎朝の日課にされるとよいです。

 

 

べビ待ちの場合だと、欠かさず体温を測るのですが、
それ以外だと計測を忘れやすいので、ベッドの寝ていても手が届く場所に、
必ず体温計を置いて寝るようにしましょう!

 

そして、起きる時間よりも数分早く起きて、計測するようにします。

 

 

婦人体温計の多くは、体温を記録してくれるので、
自分で書き留める必要はなく、計るだけでいいですよ〜!

 

 

基礎体温を計ってこんな状態の女性は要注意!

 

基礎体温データが集まったら、基礎体温グラフに集計すると、
一般的には、排卵期の前と後で、低温層と高温層に分かれるグラフになります。

 

2週間で切り替わっていると、ほぼホルモンバランスは取れている
と言えますが、下記のような場合はホルモンバランスが乱れているサイン
でもあります。

 

  • 低温期が長い!3週間以上も続いている

普通は、低温期は2週間前後です。生理周期が平均で
約28日周期でその半分の期間。排卵期は通常2〜3日。
そのあとの2週間は高温期。

 

しかし、低温期が長すぎる場合は、「エストロゲンの分泌が少ない」と
考えられるのですね。エストロゲンが少ない状態を放置しておくと、
卵巣機能が低下し、もっとエストロゲンが少なくなる状態になります。

 

バストアップにはエストロゲンの分泌は不可欠!!
これがないと、胸の乳腺の増殖もあり得ません。
だから、低温期が長い方は、エストロゲンアップが必要です。

 

  • 高温期が短い。10日に満たない。月経周期が短い。

 

高温期も通常は2週間前後あるのが正常ですが、
高温期が短い方は、プロゲステロンの量が少ない可能性が高いです。
この場合、子宮の中で受精卵が育たず、妊娠は難しいですし、
胸の乳腺の発達もできないため、バストアップも厳しいです。

 


プロゲステロンは「女性ホルモン」自体の前駆体、
つまり、エストロゲンの元になるホルモンですので、
プロゲステロンの分泌が少ない場合は、ホルモンバランス乱れを
修正するのも難しい可能性がありますよね。

 

そういう方はプラセンタ系でホルモンバランスを整えるのも
1つの手段ではないでしょうか^^プラセンタには、
ホルモンバランスを整える作用もありますから〜!

 


スポンサードリンク

この記事の関連ページ

アロマ
女性ホルモンを増やしてバストアップするには、「アロマオイル」も使えますよ!香りの力ってすごいですからね♪バストアップに必要な女性ホルモンを上手に増やして整えるため、アロマもうまくつかわれてみてください♪
女性ホルモンを増やす食べ物
バストアップには女性ホルモンの分泌アップは必須です。そのためには、毎日の食事でも意識する必要があります。ここではバストアップのための女性ホルモンを増やす食べ物(栄養素別)を詳しくお話しています。
骨盤枕でバストアップ?
ダイエットやバストアップに良いとされている骨盤枕が体にどのようにいいのか、女性ホルモンアップの観点から上手な使用方法と共に、お話しています。
女性ホルモンが低下する理由
バストアップには女性ホルモンの分泌アップは必須です。女性ホルモンが胸の乳腺を育てるからですね…。ところが胸が大きくならない女性に限って、女性ホルモンが低下しやすい状態に陥っています。対策も知って、バストアップのための女性ホルモンを低下させずに高めていきましょう!
乳腺の発達
乳腺を発達させて胸を大きくするためには一体何が必要なのでしょう?その3つのポイントについて、まずは理解して実践していきましょう!
女性ホルモンUPで胸を大きく!
女性ホルモンを増やすと胸は大きくなるの?女性ホルモンとバストのメカニズムと、バストアップのための女性ホルモンアップについてお話しています。
猫背
胸を大きくするためには、日ごろの姿勢は、地味に大切です。猫背ではバストアップしにくい理由と対策についてお話します。